○TOP > 空間・床などの除菌消臭編 ~☆私はこう使っている!

動物病院でも使用されているアルヴィシャット。私はこんな感じで使ってます。


アルヴィシャットは様々な物に使える除菌消臭水です。ペット用品だけでなく人間が使う物にも使えるので一家に一本!と言えるほど重宝します。
それでは、私の日常生活でどのように使っているのかご紹介していきます。

・フローリングの床を掃除する時は、クイックルワイパードライシートとアルヴィシャットで除菌を兼ねた掃除をしています。
掃除の手順は、ドライシートで拭く→シートを変え、アルヴィシャットを床にスプレーで吹きかけながら
ドライシートで床にスプレーした液を拭いてく感じで掃除をしています。
洗剤が染みこんだウェットシートで拭くよりサッパリとしていて歩きやすいです。
なにより洗剤よりグンと安全です。鳥などの動物がいるおうちにお勧めの掃除法です♪
フローリングの掃除にもお勧め
・靴にも使っています。一日履くと足が汗をかいて、バイキンやニオイが気になる・・・。
靴の内部のニオイやバイキンはアルヴィシャットでやっつけます。靴の表面は色落ちする場合があるので、
目立たない部分で色落ちしないか試すことをお勧めします。
内部だけに吹きかけても、靴の表面にどうしてもスプレーがかかってしまうので色落ちしないか確認を!
靴の中はニオイとバイキンが気になるもの。
・頻繁に使う冷蔵庫もアルヴィシャットで除菌消臭!外部だけでなく内部にも使っています。
食品を扱う場所なので清潔第一です。
冷蔵庫は雑菌の温床になりやすいです
・パソコン関係の物もアルヴィシャットで拭いています。
洗剤を使うとどうしてもヌメリが気になるし、触った後は鳥を触れないし・・といった理由です。
キーボードやマウスを拭いています。画面はアルヴィシャットは使わない方が良いそうです。
パソコンのマウスは汚れやすい
・手垢や埃で汚れやすいテレビのリモコンもアルヴィシャットで除菌しています。
テレビのリモコンもアルヴィシャットで清潔に
・こういった精密機器のようなものは直接スプレーするのではなく、ティッシュなどの紙製品に
アルヴィシャットを吹きかけてから拭き取っています。
簡単にシュシュッとスプレー!
・サッと拭くだけでさっぱりです。毎日ちょくちょく使う物なので清潔にしておきたいですよね。
手軽に除菌消臭
・手鏡もアルヴィシャットで拭いてます。汚れも雑菌もない鏡だと、鳥も満足げなイイ顔に・・・。


※アルヴィシャットの液が動物の口内・目・鼻に入らないようにするのが重要です。
液を拭きかけたらしっかり拭き取る・乾燥させる、が大事です。半乾きには注意が必要です。


私のアルヴィシャットの使い方、一部ではありますが色々と紹介してみました。
もうかれこれ9年ほど使用しているアルヴィシャットですが、安全性や特徴などもう少し具体的に
知りたくなったので調べてみました。

■成分はどんなもの?■

アルヴィシャットで洗いにくい物もスッキリきれいに!

おもちゃや生活用品など、手軽にサッと洗いにくいものって結構あるんですよね。

アルヴィシャットは、弱酸性(pH5.5~6.5)で次亜塩素酸の含有比率が90%以上です。
即効性が高く除菌や消臭ができます。
原液を水で薄めて使います。
用途に合わせて5~8倍に水で薄めてスプレー容器に入れるだけ!簡単に使える手軽さがイイ!
ケージなどのペット用品も手軽に除菌消臭できます。
※希釈倍率について

「どれどれ・・・汚れはないか、チェック中~」
インコのお掃除チェック

動物が使う物、人間が使う物、手軽にサッと除菌消臭!
一度使ってみると、長年愛用するリピーターが多いのも頷けます。 刺激臭もないから体にも安心です。


環境・人・動物にも安全な除菌・消臭水、アルヴィシャット